施工事例

ケアホームの定期植栽

ほぼ年3〜4回のペースで行っているケアホームの定期植栽です。

4年前。初夏の植え替え時に涼しげな色のホワイト、ブルー、ブラックなどの植え込みをしたところ、『高齢者は白内障の方が多いので識別できない。もっと元気になる色を・・・。」とのご指摘でした。
そうですよね~。私は自分の好きな色や植物でやろうとしていました。住人の為の植栽であることを改めて感じさせられた一瞬でした。
宿根草メインのシックなお庭もだめですよね~。ここに住む方たちは今が大事なのです。

それでも、1年草ばかりのお庭ですと、、広いお庭を埋められませんし、植え替えごとに多大な費用がかかってしまいますので、少しは宿根草や球根類を入れています。
3年前に植えたワトソニアが大きくなり、毎年、今頃になると存在感を現します。このオレンジにあわせて、八重キンギョソウ ピーチをたくさん植えました。 

ジニア ジニータ のオレンジを八重キンギョソウ ピーチで薄めています。ホワイトのインパチェンスもこれから大株に育って行くことでしょう。


予算に限りがあるので、その他、アフリカンマリーゴルド、ブルーサルビア、フレンチマリーゴールドなどごくごく普通の安価な苗で植え込みます。


いつもマニアックな植物を使って、潤沢な費用があり、思いっきり好きな色彩で作っている訳ではありませんよ~(爆)

2012/10/22