造園

横浜のK邸のお庭のリフォーム(目隠しと自転車置き場

種類
概要

横浜のK邸は目隠し工事が主な施工ですが、一団の分譲地の為、緑地協定がありました。
そこで少しでも街並みに違和感が無く作る事がポイントでした。高い板塀で囲みましたが、ほんのりグリーンが入るホワイト系の色の為、圧迫感や違和感がありませんでした。施工前

一団の閑静な分譲地に建つK邸は、はた目から見ればこのままでも素敵なのですが、お住まいになられている方からしますと道路からリビングが丸見えで、とても気になっていらっしゃいました。また、もう一つの問題点は自転車を2台お持ちになっていて、その置き場に困っていらした事です。

施工中

縁石までギリギリに板塀を立て、向かって右側には自転車置き場を作りました。

元気ハツラツ!の研修生Sはクレマチスを植えています。植栽と土の改良や石灰硫黄合剤を塗ってくれたりと、大活躍です。

職人さんも、なにやら一生懸命。

施工後

淡いグリーンの入るフェンスは街並みと調和して違和感がありませんでした。板張りの隙間まで綿密に施主様と相談しました。今はハンギングが掛けられているだけですが、いずれここにはクレマチスなどが這う予定です。

始めは目隠しを生垣で提案しましたが、より遮蔽感をお求めになられフェンスで囲う事に・・・。

板塀の下からはニューサイラン、ヘレボルス、プリペットシルバー、ローズマリー、春咲きグラジオラスなどを植えています。

向かって右側が自転車置き場です。入り口正面のラティスには蔓植物がまたまた繁茂する予定です。

向かって右側が自転車置き場です。入り口正面のラティスには蔓植物がまたまた繁茂する予定です。

入り口から入り右手が自転車置き場です。天井は透明のカーボナイトが張ってあり、雨も防ぎ、圧迫感もありません