造園

I邸のパティオとグリーンコーディネート

種類
概要

I邸は「川崎市王禅寺」という地名の閑静な住宅街に建つ瀟洒な戸建住宅です。
フロントガーデン

写真右側のオリーブの木とアイアンの門扉が象徴的なフロントガーデンです。

こんなふうに何となく中が見える所が閉塞感を持たせません。

ライオンの取っ手がフォーカルポイントになっています。

オリーブの木のフォルムとコンテナでパティオをまとめています。 窓のところはミニバラ`グリーンアイス'。 奥さまもお仕事で、お忙しいためグリーンでシックな南欧風の雰囲気を出しています。 ただし暖かくなると、サフィニアだけはウインドウボックスにたくさん咲かせます。

レモンの木をシンボルツリーに…という事でしたが、もう少し大きいコンテナのほうがバランスが取れるでしょう。

旅人の木をセラミス(ハイドロカルチャー)で植え込みました。壁が白いので鉢は信楽焼の黒でモダンな感じを演出しました。 これから少しづつセラミスに替えて行きます

家具調度品にも住む方のセンスが伺われます。