造園

KZ邸バラのアーチとハンギングバスケット

種類
概要

KZ邸はあざみ野の東急分譲地にある住宅街の一角にあります。
美しい町並みのどの家も植栽に気使っていて、見ごたえがあります。
ハンギングのご希望は「淡い色調で上品に…」と言う事でした。玄関に飾られたハンギングバスケット

ミニハボタンもそんなイメージで作りました。 アーチとコンテナは当初考えていたものと変わった為、少し苦労しましたが、結果オーライというところでしょうか。

↑ 淡い色調や同系色はともすると地味に見えますが、上品であきがこないと思います。

↑これも 淡い色調や同系色はともすると地味に見えますが、上品であきがこないと思います。

バラのアーチは地面に埋め込み、強風にも耐えるように固定しました。 左右のコンテナには「アンジェラ」と冬咲きのクレマチス`ランダンジム'と`ジングルベル'を1本ずつ入れました。 (お水をあげたばかりなのでコンテナが湿って写っています。)

施主さまがお作りになったコンテナの数々です。 ピンク系のパンジー・ビオラでいっぱいでした。 春にまた撮影させて頂きましょう。