造園

O邸バルコニーのペイビング

種類
概要

O邸はニ子玉川の駅に程近い新築のマンションです。
施主様は「無機質なコンクリートのバルコニーの床を何とかしてカバーしたい」とのご希望でした。
施工前と施工後を比べてみてください
自由な発想でいろいろ遣りたかったけれど問題点がありました。
写真のように床と溝の立ち上がりが少ないのです。
従って厚みのある床材は使えません。ぎりぎり1.5cm厚の「砂岩プレート」とレンガのハンペンでカバーしました。
バルコニーの形は均一ではなく出張りがあるので洋風砂利とレンガで変化を出しました。

施工前

施工前 ワンちゃんのシートが…。

施工後 イヌのトピアリー アウトドアリビング

施工後 施主様作品のイヌのトピアリー。 これからここにテーブルセットが置かれ アウトドアリビングとして使われる事でしょう。

施工前 避難ばしごのハッチ

施工前 避難ばしごのハッチがあります。

砂岩プレート

施工後 ちょっと地模様の入った砂岩プレートは この他グレーとアイボリーもあります。 30cm×30cmの大きさです。 成型品なので乗っても強度があります。