造園

S邸のシェードガーデン(ウッドデッキからパティオにリフォーム)

種類
概要

世田谷区の等々力にあるS邸の庭はそもそも横3760mm×2500mmのウッドデッキでした。
それはそれで素敵でしたが、問題が発生したのです。湿気のある床下にねずみちゃんがうろちょろし始めたのです。バラの好きな奥さまもそろそろ地植えスペースが欲しいところでした。
まずは完成したパティオをご覧下さい
周囲が家に囲まれていて日当たりはあまり良くありませんが、じめじめしないよう、乾いた感じのパティオ風に変身です。

日陰に強い品種のバラの地植え 植栽

この植栽はすべてS様がもともとコンテナで育てていたバラを地植えしたものです。日陰に強い品種を選ばれましたが… また、バラのシーズンには撮影させて頂きましょう。

インパチェンス

淡い色がお好きなS様は八重のインパチェンスも色みを押さえています。


ではパティオ作業工程をご覧下さい
水はけを良くするために客土 

いつもお世話になっている下請けさんの小野澤さんです。 デッキを剥がし、客土をしました。水はけも考えて…基礎が大事ですね。

ブロックを積む 施工中

水平を取りながらブロックを積んで行きます。 コーナーにはいままでコンテナに植わっていた木をそのまま利用します。

レンガ目地

ケーキの生クリームのように…。

レイズドベッド

狭いスペースにレイズドベッドは高過ぎても圧迫感が出てしまいます。

レンガ目地

丁寧に、丁寧に…。

おっとっと!

ジェラストーン

ジュラストーンを張ります。

リビングからの眺め 木のトレリスとウッドパネル バラ

2階のリビングからの眺めです。 木のトレリスとウッドパネルやバラのコンテナはS様がされました。バラが大好きな奥さまです。

バルコニーの写真

約80cmの奥行きのバルコニーです。

シェードコンテナ

「T邸奥行き80cmのバルコニーの施工」をS様がご覧になり同じような細長いシェードのコンテナを3個納めさせて頂きました。

ヒューケラ、ギボウシ、ヒマラヤユキノシタ、ビンカミノール・イルミネーションなど。 ヒマラヤユキノシタ ギボウシ

ヒューケラ、ギボウシ、ヒマラヤユキノシタ、ビンカミノール・イルミネーションなど。 ヒマラヤユキノシタは春はピンクの美しい花が咲いていました。今回はギボウシ以外は常緑です。

こちらはS邸の玄関

アルバ・メディランド

S邸の玄関前のバラコーナーです。 アルバ・メディランドが小さな房をぎっしり付けています。

Alba Meidiland/1987/CL

アルバ・メディランド Alba Meidiland/1987/CL 純白のポンポン咲きで、房咲きになる。 返り咲き、樹高5M

Lovely Meilland/2000/FL

ラブリー・メイアンも入っています。 Lovely Meilland/2000/FL パステルピンクの多花性種。 花径5cm、四季咲き、横張り性。