LIST

小さなロックガーデン

小さなロックガーデン

小さなロックガーデン(横浜市青葉区M邸)
新築の建物と一緒に植栽された植物が生い茂ってしまい、管理にお困りだった玄関前の花壇。
全面リニューアルのご依頼を頂きました。
なるべくお手入れが少なく、尚且つご近所でも見かけないロックガーデンをご提案させて頂きました。

コッツウォルズストーンで起伏を作りながら、オーストラリア原産植物や多肉植物で構成していきます。
所々に季節の花苗を植え、季節感も忘れずに。
石の堅い表情と植物の柔らかい表情のバランスが取れた花壇となりました。
モルタル等は使用しないので、いつでもレイアウト変更が可能です。
けれど、そう簡単には崩れたりもしません。

↓冬に紅葉した多肉植物たち。

↓植物が少しずつ育ち、徐々に石積みに覆い被さっていきます。良い感じです。

【施工の流れをご紹介】
↓作業前の様子001

↓作業前の様子002

↓既存の植物を取り除き、整地しておきます。

↓搬入した石材(コッツウォルズストーン)をサイズ別に分けておきます。

↓ほんの少し余分な部分は削りながら上手く調整していきます。

↓植栽ポケット。石の隙間から用土が流れ出てしまうので、内側にポケットを設置します。

↓主木はアデナンサスセリセウス。ユーフォルビアミルシニテスやグリーンネックレスが石の表面を這うように。

↓水に濡れたコッツウォルズストーンはハチミツ色が深まって、また違う表情を見せてくれます。